クイズ形式対戦ルール

ホーム フォーラム ■オリジナルのゲームルール クイズ形式対戦ルール

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にClarkにより1年、 11ヶ月前に更新されました。
0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #240 返信
      Clark
      ゲスト

      クイズ形式対戦ルール

      出題者(親)と解答者に分かれて遊ぶゲームです。2人で遊ぶ場合は、出題と解答にそれぞれ制限時間を設けたり、出題者と解答者を交互に交代して楽しむと良いでしょう。

      まず、各種類の枚数が均等になるように解答者に使用するカードを配ります。出題者はボード、スプライト、トークンを自由に配置してお題(トークンを3枚獲得する、赤のトークンを避けて黄色のトークンを全て獲得する、etc.)を出題します。

      *出題者はカードが足らなくならないようなお題を考えてください。(ヒント:予め自分が考えたコードに沿った位置に要素を配置し、ダミーのトークンを付け加えるなどすると問題が作りやすいでしょう)

      遊び方1.コーディングレース
      解答者は各自、お題を達成できるコードを考え、最も早くRUNと宣言した人が勝者となります。ただし、実際にスプライトを動かした結果、お題を達成できなかった場合、その解答者は失格となります。

      遊び方2. コードゴルフ
      あらかじめ、解答者には多めにカードを配っておきます。制限時間内にお題を達成する最も少ない枚数のコードを作成できた人が勝者(正解)となります。正解者が複数いた場合、その中で最も早く回答した人が勝者となります。

      遊び方3. バグフィクス
      解答者はお題を達成するためにはどこか数か所が間違っているコードを解答者に提示します。どこが間違っているかを発見し、いち早く間違い(バグ)を修正(フィクス)した人が勝者となります。
      *繰り返しスプライトを動かしてコードを検証する場合、トークンはボードから取り除くのではなく、その場で裏返して目印とすると良いでしょう。

      遊び方4. コードリーディング
      出題者が5から10枚程度のカードを使ってコードを提示してスプライトを配置します。解答者は他のスプレイトを用いて、コードが終了した時点のスプライトの位置と向きを示します。正解が重複した場合、先にスプライトを置いた解答者が勝者となります。

0件の返信スレッドを表示中
返信先: クイズ形式対戦ルール
あなたの情報: